うつ・不安解消

本来ある東洋の感じ方のパターンが平和・穏やかな心への鍵!

こんにちは。伊藤悦子です。

惜別の歌、ご存知ですか? 母校中央大学の別れの寂しさを歌った学生歌、想い出の詰まった大好きな曲。

今日は、72回目の終戦記念日。この歌の背景に、戦時中の学生さん達の深い悲しみがある事を知ったのは、つい最近のこと。中央大学125周年記念 藤枝英輔氏の特別講演で、学徒出陣で戦地に赴く学友を送るため、島崎藤村の詩に曲をつけ、愛惜の情を込めて送り出した歌である事を知りました。

感性豊かな、当時の学生さんの複雑で切ない心情を思い、涙が溢れます。

 鈴木大拙先生の言葉:
戦線恐々たる状況はお互いの了解ができないから。西洋の型と東洋の型が理解しあい、渾然たる1文化が将来できると思う。だから、私は東洋の型を伝えるために、仕事を続けている。

自然:本来、東洋思想では自ずから然る。すべては宇宙の力で自ずから出てきたのだから、自然を尊び自然に従う。自然と同化する。

西洋は神に創造された世界。二つに分ける。自然’nature’は征服するもの、力で打ち勝つもの。どちらかを倒すという力関係が考え方の源。

戦争に走った源はどちらかを倒すという西洋的な考え方のパターン。ですから、全ては自ずから然るという東洋的な感じ方のパターンを忘れてはいけません。

どこで生まれても人としての道は同じなのです。人は皆、死ぬのですから、戦わずに、命ある間は、理解し合う努力を続けたいものですね。

  • 拘りや執着を離れて生きる。
  • 我欲を離れる。
  • 他を傷つけてはいけない。
  • 慈しみのある言葉。
  • 良い事を行う、徳を積む努力。

お互いの了解ができれば、穏やかで平和な共存の世界が訪れるのではないでしょうか。一人でも多くの方が、東洋の型に目覚め、気付きが生まれる事を祈ります。

あなたの中にも、穏やかで平和なこころが訪れますように。

うつ状態、自律神経失調症、不安障害、強迫性障害、眠れない、ストレス、燃え尽き症候群の症状を短期解消。人間関係、パワハラ、仕事、頭痛、イライラを改善。モチベーション、自信が戻ります。

London, Greater London, Surrey, Dorset, Wiltshire, Hampshireなどイングランドのほか、ウェールズ、スコットランドなどイギリス各地、日本各地からご相談をいただいております。

Eメール
電話  +44 7754 087696
Rufus House, Southampton Road, Lyndhurst, New Forest National Park, Hampshire, UK

うつ・不安解消のカテゴリのトップ

無料メルマガ配信中!

マインドフルネスの知恵 うつ・不安解消ノウハウ

メルマガに登録して、うつや不安、ストレス症状を解消しましょう!うつ病の症状・不安解消専門の心理セラピスト伊藤悦子が、役立つ情報をお届けします。